ホーム > 副校長メッセージ > コラム目次 > コラム

2007/10/26(金) メモ・ノートのとり方

 システム手帳について学生に話をするときに、私は「メモやノートは何の
ためにとりますか。」という問いかけをします。その問いに対して、多くは
「忘れないようにメモをとる。」という答えが返ってきます。しかし、私は
少しニュアンスを変えて次のように説明します。

 「忘れてもいいようにメモをとる。」

 備忘録ということばに示されるように、忘れてしまうことに備えて記録を
しておくということです。人の記憶は、1日も経てば約75%忘れてしまう
といわれています。それだけ「忘れないように」ということは難しいのです。
場合によっては、メモしたことさえ忘れてしまい、折角のメモが無駄になる
という笑い話もあります。

 ですから、忘れたことがらを思い出せるようなメモのとり方が大切です。
では、どのようにすれば思い出せるのでしょうか。

 人間の脳は大事な記憶をすぐ思い出せるようにするため、関連する相対的
に不必要な記憶を忘れ、脳の活動を効率化している可能性があるという研究
が発表されています。あることがらを覚え続けているためには、他のことが
らを忘れてしまう必要があるのかもしれません。

 現代社会において、家族の携帯電話の番号を覚えている人はどれだけいる
でしょうか。電話番号は、相手に電話をするための情報であって、普通その
番号には意味はありません。携帯電話のどのボタンを押せばアドレス帳を見
ることができるのかを知っていればいいのです。現代は、電話番号を覚える
必要のない時代のようです。

 つまり、何を見れば思い出せるかということを知っていれば、忘れたこと
を思い出すことができます。そのためには、ルールを決めればいいのです。
そして、メモを書いた場所を定期的に見る習慣をつけるのです。

 私のシステム手帳では、その週のダイアリーをすぐに開くことができるよ
うに、ルーラー式のしおりを使用しています。そのルーラーに用件を書いた
付箋紙を貼り付けておけば、スケジュール確認のたびに用件が目に入ってき
ます。そして、用件が済んだ付箋紙は完了した日のページに貼っておきます。
そうすれば、過去のダイアリーのページを参考に今後のスケジュールを検討
していくことが容易になります。

 メモやノートのとり方は人それぞれで違います。それぞれでルールを決め
ておけばいいのです。ただ、そのルールはどの時点で読み返すかということ
を考慮しなければなりません。そして、読み返したとき単に記憶が甦るだけ
ではなく、新たな発想ができるような工夫も必要です。

[前] [HOME] [次]
安木屋ビジネス専門学校
副校長 安仁屋 雅秀
[PR] 手帳フェア2008開催中
株式会社 安木屋 一銀通り店・宜野湾店