ホーム > 副校長メッセージ > コラム目次 > コラム

2007/10/05(金) システム手帳 vs モバイル機器

 システム手帳のダイアリーのページが、残り少なくなってきました。そろそろ新しいリフィールを購入する時期が来たようです。

 私がシステム手帳を愛用するようになってから、かれこれ20年の歳月が経過しました。途中、電子手帳に変更したことはあるものの、紙がベースの手帳の使い勝手にはかなわず、今ではシステム手帳がしっかりと定着してい ます。

 システム手帳のメリットは、何よりも鳥瞰性にあります。特に、年間事業計画表などはB5サイズに縮小コピーし、三つ折りにしてバインダーにとじれば、TPOを問わずいつでも資料をチェックすることができます。また、必要なメモを探す場合においても、パラパラとページをめくることによって、関連する情報が目に留まることもあります。さらに、バッテリー不要のうえ、耐水性、耐衝撃性にも優れています。

 実は、私は10年ほど前に電子手帳を使用していました。そのきっかけは、セカンドバッグごとシステム手帳の盗難に遭ったことにあります。夏休みの研修旅行中のことでしたが、バイキングスタイルのレストランで、少し席を離れたすきに置き引きに遭ったのです。このせいで、それまで使用していたシステム手帳を諦め、電子手帳に切り替えを試みたのです。

 ところが、その年の暮れに交番から電話がありました。セカンドバッグが草むらの中で発見されたというのです。送られてきたバッグを調べてみると、盗られていたのは財布のみで、中にあったシステム手帳は残されていました。とはいえ、半年近くも野ざらし状態でしたから、バインダーの革は雨のせいでふやけていました。にもかかわらず、中のリフィールは無事でした。私の手元には、そのときの手帳があり、現在も使用しています。

 しかし、システム手帳が万能なわけではありません。私は、12mm幅のバイブルサイズを使用していますが、資料が増えると厚みも重さも増大します。現状は、スーツの上着の内ポケットにギリギリ入るほどになっています。これでは、肩が凝りますから、普段はビジネスバッグに入れて持ち歩いています。

 その点、電子手帳の場合はどんなに資料が増えても変わりません。最近は、マイクロSDカードの普及のおかげで、携帯電話などのモバイル機器を利用する機会が増えてきました。特にドキュメントビュワーは重宝しています。パソコンで作成したデータをPDFファイルに出力し、携帯電話に保存しています。規約や会議資料も手軽に持ち運べますから、出先での打ち合わせ等でも、すぐに資料を見ることができます。

 今では、システム手帳とモバイル機器の特性を活かして、どちらに偏ることなく使用しています。

[前] [HOME] [次]
安木屋ビジネス専門学校
副校長 安仁屋 雅秀
[PR] 手帳フェア2008開催中
株式会社 安木屋 一銀通り店・宜野湾店